文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

イイふみ

RIMG0283


    いいふみの日。

    今日はとにかくブログ更新を!

    産業カウンセラーの資格を取ったものの、
    実務経験を積むには程遠い現状です。

    梅雨、昨夏と同じ症状で再入院。
    激ヤセしましたが、驚異のリバウンドで、
    自分史上最高に肥大化しております。


    
SH530081



    ミライと黒絵のために、働いています。
    とりわけミライは、ふみがくれた、
    貴い贈り物なんだと思い、
    ツンデレ姫に仕える毎日です。


    
170906_2147fb

Quality of Life



   失業するたび、
   あるいは経済的困窮に陥ったとき、
   真っ先に考えるのは、 『猫のQOL』です。

   人間は、なんとかなるんですよお。
   特に、私のように行動範囲の狭い人間、
   友人・知人が少ない人間は、
   働かないのであれば、外に出ないですしね。
   外に出なければ、使うお金も最低限で済む。

   ところが、動物は同じようにできない。




食うミライ、見守るチビ



   冒頭の「失業・経済苦」の状況が訪れても、
   猫の生活レベルは落とせないんですよ。
   生活レベル=食生活、と言い換えてもいいでしょう。

   彼らの好むドライフード、ウェットフード、
   更に、近年は「間食」も習慣にしてしまった。
   これは、ミライと黒絵を完全室内飼いに切り替えた際、
   人間の都合でそうせざるを得なかった事に、
   罪悪感を覚え(今もそれは拭えない)、
   必死にゴキゲンをとる為、プラスした物ですねえ。

   思えば、大野くんは協力的だった。
   もともと食べる事に関心が薄くて、
   職の無い私が部屋にずっと居る事を、
   すごく歓んでくれた。
   一番ツライ時期に、寄り添ってくれた大野くん。



141015_20_2017sepbg



   黒絵は、ふみが存命の頃に出逢っているから、
   既に、9年ほどのつきあい。
   年々贅沢になっているヤツ。
   彼の自由な野良生活に終止符を打った責任上、
   ついつい食生活は甘やかしてしまう。
   まあ、彼も食べる事が最大の愉しみだからね…


お留守番はいやなの



   真打ち。
   この人のゴハン選びには泣かされた。
   あのワガママに敵う猫は居ない…
   食に関心が薄い訳じゃなくて、
   いや、むしろ貪欲だからこそ、妥協しない!
   「お腹すいたら、そのうち食べるだろう」という対応は、
   彼女には絶対通用しなかった!
   気に入らないモノは、断固拒否。
   強情で、頑固で、こっちが折れるしかなかった。

   でも、私がずっと部屋に居る無職期間は、
   とっても機嫌が好くて、嬉しそうだった。
   孤独に何よりも耐えられない猫。


   ミライは、ふみに似ている。
   外に表れる性質は随分違うように見えるけど。



ミライお嬢さまのメンタルヘルスケア



170409_194809



   上の写真は、今年4月に撮ったもの。
   都内の桜が終わった頃で、まだホカペをつけてた。
   振り返ると、この時季は平和だったのだ。
   
   4月下旬以降の、怒涛の日々にまだクラクラする…

   動物に理解の無い住環境とはいえ、
   私は、ふみの生き抜いた部屋に、
   骨を埋める覚悟でいたのです。それが…
   転居する事になった経緯については、
   いずれきちんと書かせてください。





170820_223038



   2枚目の写真は、先月後半に撮ったもの。
   転居決行日は、7月最終日でした。
   この時“移動”したのは、猫と私と布団だけ。
   とにかく、ミライと黒絵のお引越しが最優先だったのです。

   キャリーバッグから新しい部屋に放たれたミライは、
   ちょっと目を離した隙に、行方不明になってしまった。
   ――以前から、よくある事。
   ミライがどこかに隠れると、本当に見つけられない。
   しかし、この時は、隠れるも何も、
   家財道具がまるで無い状態だったから、離れ業か?

   車を出してくれた「猫の達人さん」
   (非常にお世話になっている女性なので、
    これまた後日、きちんと書かせてください)と、
   汗だくで急いだ搬入でした。
   
   押入れ上段に、荒っぽく投げ出した掛布団、
   その中にミライは、器用に入り込んでいました。

   ガタガタ震えて、犬のように舌を出して呼吸して、
   相当なパニックに陥っていたようです。

   ミライはもともと、興奮しやすい性質で、
   動物病院に連れて行く際も、
   「心臓が爆発するんじゃないか??!」と
   こちらが不安になる程の恐慌状態に陥ります。

   話しかけても、「私」である事が判らないようでした。
   この時、3年半前の記憶が甦ってきました。
   「大野くん激似キジトラ」と遭遇した時の事です。

   大野くんが行方不明になってから、3か月。
   その激似キジトラくんは、私の呼びかけに対し、
   近寄って来るほどの反応は見せませんでした。
   警戒心は薄いけど、反応も薄い。
   後日、ねこ友さんが、
   「猫は自分のテリトリーを離れた所では、
   長く暮らした人間の事でも識別ができない」
   と教えてくれて、納得したのを憶えています。

   苦労人の大野くんでさえ、そうなる。
   じゃあ、4年間ずっと同じ環境でぬくぬくと、
   苦労知らずで暮らしてきたミライには、
   そりゃあ、天と地がひっくり返る“凶事”でしょう。

   私の事を「あつぶこ」と認識できないまま、
   3日間はほぼ飲まず食わず。
   掛布団の砦から出てきませんでした…

   3週間経って、随分落ち着いてきました。
   前と違う部屋を、自分の新たなテリトリーと認識し、
   環境に馴れてきたようです。
   黒絵と以前のようにケンカするまでになりました。

   ミライお嬢さま、少しお痩せになりましたね。
   抱っこすると、だいぶ軽いですよ。

   ごめんなさい。人間の都合で。
   キミたちは、いつも翻弄される。

   でも、「守りたい」と肝に銘じている、私の使命感、
   私の精一杯の努力、解ってくれないかなあ。
   解っちゃくんないだろうなあ。


   

サバを読む



   タイトルは、大島弓子先生の作品を読む
   という意味ではありません。
   あの~アレですよ、年齢詐称ってやつ。

   先日、定期券の窓口に並びました。
   契約期間を1か月残して退職した為、
   払戻しが必要だったのです。

   窓口でICカードと身分証明書を提示すると、
   係の人が「あれっ?」と戸惑う様子を見せました。
   ICカードに入力した生まれ年と、
   身分証明書の生まれ年が一致しないから。
   手続きの際、こうなる事を予想していた私は、
   すかさず、「すみません。サバ読んでました」
   と、苦笑いしながら謝りました。

   次の瞬間、係の人は困ったように、
   「それだと…払戻しはできない…」と言いました。
   これは、予想していなかった事態です。
   私の調査不足、というよりは無知ですな。

   係の人曰く「ICカードに入力された情報も、
   れっきとした身分証明という前提がある」そうで、
   年齢を若く偽った私は、定期券の払戻しができませんでした。
   自業自得であります。
   考えたら、ICカードに表示された「若い年齢」も、
   結局誰かに見せる事なく終わったんだよな。
   なんと虚しい見栄である事か…


KIF_0389_2017sep


   今回の経験で、大変勉強になったのですが
   (単に自分が非常識で無知なだけだったのだ)、
   定期券がICカードになる前は、私の周りでは、
   「ささやかな年齢詐称」はめずらしくありませんでした。

   10年間同じ年齢のまま、という女性もいました。
   それを話題にして、みんなで盛り上がったものです。
   思えば、平和な時代だったなあ。
   あの日々に、邪気とか犯罪要素も無かった気がする。
   ペラペラだった定期券も、とても懐かしい…

   サバを読んじゃいけないわ。
   ふみが老婆には見えなかったからといって
   (この写真は、15歳の頃)、
   自分に同じ事が通用すると考えては、いけない…



   

置いて行きたくない

130330_2222




      大野くんが還って来た時、
   あの部屋に私が居ない…

   大野くんは、なんて思うだろう。
   「あつぶこ、待っててくれなかったんだ」

   違うよ、大野くん。
   待つのをやめたりなんかしてない。

   待つ場所を変える必要があったの。
   地図を貼っていきたい。
   強く念じて、マーキングしたい。

   置いて行きたくない。


無職です



  前回の「入院」記事を読んで、
  勘の鋭い人、あるいは、
  とりあえず12年続く(ブランクだらけ)このブログを、
  長く読んでくださっている方の中には、
  「あ、“失業フラグ”立ってるんじゃない?」
  と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

  ご明察です。



170820_223541





   6月から胃腸の不具合を繰り返し、
   その度、病欠していました。
   3日寝込んで、2日出社して、
   時には5日連続で休む事もありました。

   現場に、多大な迷惑をかけている。
   でも、まだ必要としてくれている。
   だから、ここは踏ん張ろう。

   7月の最後、お医者さんから
   「しばらく休んだほうがいいんじゃない?」
   と助言されました。
   「今、限界だよね。心身共に」
   ――そう言われて、反論できませんでした。

   自分でも、「ダメになる…」
   イヤな感覚が芽生えていたのです。 
   すり減っていく、消耗していく。
   肉体がSOSを出していました。

   しかし、哀しいかな、私は非正規雇用。

   正社員なら、「傷病休暇」を取るなどして、
   しばしの“休職”が可能です。
   が、有期雇用(3か月更新)の人間に、
   “休職”というカードを使う事はできません。
   
   “退職”の途だけでした。

   自主退職の手続きを進めている途中で、
   入院してしまった為、
   退院後、会社に足を運び、最後の片付け。

   入院で、視界が闇に沈むような金額を喪い、
   ついでに職も喪った訳です。

   働かないと、生きていけないよ。
   だから、退院当日からずっと職探し。
   ミライも黒絵も、私の扶養家族だからなあ。
   健康は取り戻せたようなので、
   心機一転、道を探して歩きます。



   
追記:先週、最後のお給料が振り込まれて、
       金額見たら、入院代より少なかった…


入院してました

170820_2231_bg




     盆休みの時期を含んだ9日間、
   消化器内科に入院してました。

   喘息では何度も経験しているけど、
   それ以外では初めての経験です。

   6月から胃の痛みと嘔吐で寝込む事を
   (お食事中だったら、すみません)
   ずっと繰り返していました。
   4月に既に、胃炎で精密検査を受けていたけど、
   その時と同様、胃腸科を受診しても異常なし。
   一応処方される薬も効果はなくて、
   大好きなお酒すら呑む気になれません
   (結果的に、いい休肝期間になりました)。

   7月も不調で…症状は悪化するばかり。
   8月に入って、いよいよ衰弱していき、
   ついにある日の早朝、救急外来へ…
   そのまま、入院した次第です。



170808_aug28



                初日の第1食(昼食)。
                食べた後、私がすぐ胃痛を訴えたので、
                その後退院の朝まで、ずっとお粥でした~

   


       結局、妹に面倒をかぶってもらい、
   猫たちの世話の為、部屋に通ってもらいました。

   部屋を移ってパニックがまだ続いているうちに、
   今度は飼い主が姿を消した訳ですから、
   そりゃあ、まいっただろうなあ。


   特に、エキセントリックでセンシティヴなミライ。
   神経がまいって、一時やばかったです。
   ごめんよ、キミたち。
   もう、入院なんて絶対しないから!

   では、いったい何の病気だったのか?
   ――原因不明なんですよお。
   9日間も入院して、各種検査を受けて、
   結果は、や・は・り、「異常ナシ」

   代償は、いろんな面で大きかったです…


引越しです

170409_193319





      お久しぶりです。
    タイトルは、ブログのお引越しではなく、
    猫&人間の転居を指しています。

    動物への無理解に囲まれて、不自由ではあるものの、
    しばらくはずっと、ふみと過ごした部屋に
    住み続けるつもりでいました。
    でも、そうできなくなっちゃったんですよね。
    詳しくは書くのは控えたほうがいいのかな。
    とにかく、配水管工事とか修繕作業って、コワイ。

    7月末に、猫と人間と布団とパソコンだけ、お引越し。
    まだ、荷物の99%は以前の部屋に置いた状態ですが、
    既になんとなく、猫と私は落ち着いて暮らしています
    (引っ越し作業からの現実逃避)。

    詳細は、のちほど。
    取り急ぎ、ご報告でした~ 



あれから君は…



    昨年の6月にペットショップで買った首輪です。
    ピンクはミライ用、青は大野くん用に。
    
    大野くんが帰ってきたら、すぐ着けようと思って。



大野くんの首輪を用意



    私が大野くんだと信じている“激似”キジトラ君は、
    ミライ用と同一の首輪をしていました。
    昨年の1月・2月に目撃した時点ですが。
    (この首輪を買って待機していたところ、
     昨年9月の目撃情報で、“激似”キジトラ君は
     黄色い首輪に着け買えている事が判明)



2014年神無月





    ミライは、2年間で2回ピンクの首輪を使い倒し
    (意外と消耗してボロっちくなるものですね)、
    今は、お兄ちゃん用に買っておいた青の首輪を着けています。




昨秋は口元スッキリ







    大野くんが「よその家で可愛がられている」という結論に、
    落ち着く選択をして早一年。
    お猫様に仕える立場である私は無職であり、
    それでいてイオという子猫が加わっております。

    未来って、判らないもんだな。


    そういえば、部屋でお気に入りの曲を聴いていると、
    「未来」という単語が多く使われていることに、
    あらためて気づかされます。

    うちのミライもねぇ、
    自分の敵(よく言えばライバル)となる存在が現れるとは、
    そりゃあ予想もしてなかった筈です。
    私だって、ビックリ。まだ、後悔の念を引きずってますもの…

 

親子なのか、きょうだいなのか



    動物病院に猫を連れて行くと、
    診察室で獣医さんから
    「お母さん、抱えて(押さえて)いてくれますか?」
    と呼びかけられることがあります。

    そんな時、妙な違和感を覚えるんですよね。

    「お母さん」という呼ばれ方に。

    いや。「お姉さん」って呼ばれたい訳じゃないですよ。
    子供が居て当たり前の年齢なので、
    若く見て欲しいとか、そういう願望が理由ではないんです。

    自分にとって、猫たちは“子供”に該当するのか?
    そういう風に考えた事が、長い間ありませんでした。




2013年6月18日




    猫を飼養管理する立場なので、
    自分が彼らの“保護者”である事に、異論はありません。

    ただ…感覚で言わせてもらうと;
    猫(あるいは犬)は自分にとって、
    弟妹か甥姪のような存在です。

    大野くんは、弟。
    ミライは、姪っ子。
    黒絵は、従兄弟かその子供
    ――という感じ。

    ふみは…従姉妹か、女友達でしたね。




6月18日の黒絵とミライ






     明日で、大野くんが行方不明になってから、
     2年です。

     前日の7日は、帰宅が22時半と遅かったので、
     大野くんと過ごした時間が記憶として残っているのは、
     6日まで、という事になるでしょうか。

     2年前。
     ミライの育児に大野くんと奮闘していたときも、
     行方がわからなくなった大野くんを探し求めていたときも、
     仕事を辞める事なんか、まるで考えなかった。

     必死な時って、そういうものなのかもしれません。


     これから、秋に入ってゆくのですね。
     冬の背中も見え始めた気がします。



  • ライブドアブログ