文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

2006年12月

去りゆく2006

ビル 昨日で,年内の仕事は終わった。
やっと,終わったぁ~ 拍手
競馬人間の多くは,有馬記念をもって「今年は終わった…」と
燃え尽きてしまう為,その後に続く日常がやけにツライ。

大きなチョンボやトラブルの発生もなく,
無事に終わったよ…真夏に働き始め,
同じ職場で師走の“仕事納め”を迎えられた。

スノボー “感無量”の気分を引っさげて,
職場の美人先輩と退社後,ふたりで呑みに出かけた。
彼女は,初顔合わせの日,初出社の日から,
一貫して気さくに優しく,私を支えてきてくれた人である。
私の頭のネジがようやく固定されてきた頃,
残暑のあたりから,彼女との会話量は格段に増えていく。
独り,裏のスペースで黙々と入力業務と闘う私に,
それとなく気を遣って,雑談をしに来てくれたのかもしれない。
彼女のほうが私より若く,何よりずっと美しく,
才能に恵まれた女性なのだ ハイビスカス
私と彼女が親しくしている様子は,
“同僚”という枠が無かったら,
周りにはさぞ奇異に映ったことだろう。

ラブ そういえば,3年前まで日々のランチや,
月イチの『ふたり呑み会』を実施していたR嬢との仲も,
職場の人々には「不思議な取り合せ」に見えたみたい ウインク

グラス ゆうべの美人先輩との呑み会は,
語り合っているうちに,あっという間に
時間が過ぎていった ロケット 私が終電を逃がすぐらいにな ショック

クリスマスを過ぎても

グラス “マイプリ”(職場のお姫さま)と忘年会。
氷雨が激しく降る一日で,夜になればなる程
台風並みにジャンジャン雨粒が落ちてくる 雨
「もうこの日しかない」「強引に呑もう」と
予め約束していた私たちは,外の天候にも怯まない。
力こぶ 業務を時間に合わせてクリアした私たちは,
当たり前のように,風雨の中に出ていった。
私たちが“月イチ”ペースで呑んでいることは,
職場に殆ど知られていない事実だが,
ある上司には,とっくの昔にバレバレだった… 困った
だって,勤務終了の時間が違うにもかかわらず,
マイプリが私に合わせて残業してくれ,
ほぼ同時刻に「お先に失礼しま~す♪」って去るんだもん。
そりゃ,上司だけじゃなく,周りにもバレてるかもね 笑い

月曜の屍

昨日は,午前6時前から午後6時過ぎまで
中山競馬場にいた 馬
競馬場に12時間居続けるというのは,
けっこうしんどいんだぜ 汗
まぁ,それでも私は場内でぬくぬくしていたから,
ずっと寒風吹き荒ぶ場所に陣取ってた人に比べたら,
難儀な事なんて,全く無かったに等しいんだけどさ。

昨日がクリスマス・イヴ
今日がクリスマス当日な訳だけど,
世の中はすっかり,「イベントは何もかも終わった」って感じだ。
ごく普通の,師走の平日という過ごし方を,人々はしている。

私は,親友の誕生日にも,その愛娘の1歳のBIRTHDAYにも,
駆けつけることができなかった 赤ちゃん
忙しさに偽りはないとしても,
それを蹴散らして,飛んでゆくべき時ってあるよね。
このまま今年が終わってゆくのが,とても悔しい。
残念だ… ハート割れ

イヴイヴ

電球 スイッチが切れようが何だろうが,
今日と明日は絶対びっくり競馬場に出かけなければならない。
今日は,“師走の華”中山大障害。
足を運んだけれど,1年以上音信普通のO氏は現れなかった 馬

はさみ 外へ出たついでに,美容院で髪をカットしてきた。
土曜の夕方。混雑していることを予想していたら,その逆。
ほとんどお客さんは居なかった。
美容師さんによれば,金曜まではけっこう来客があったけれど,
イヴ前日にあたる今日に至っては,もう殆ど人が来ないらしい。
クラッカー へぇ~イヴを前に,女性は準備万端,
余裕を持って備えているんだねぇ~ラブ
畏れ入りました。
私は,明日の有馬記念の事しか頭にないよ~ 汗

スイッチ切れた…

落ち込み 昨日は派遣先を早退した。
出社直後はとりたてて異変は無かったのだが,
自分の苦手な業務(しかも理不尽に大至急の条件付)を
何の前ぶれもなく唐突に,日ごろ関係の薄い上司から命じられ,
あっという間に頭の中が真っ白になる ドクロ
精神状態に比例して,みるみる体調も下降線をたどりだす。

「仕事をする人間」として失格だと思う。
それは十分に自覚している。
言い訳をさせてもらえるなら,
現在の職場で,常に緊張状態にあり(表面上はともかく),
自分のキャパをやや超えた業務をこなしているうちに,
定期的に“ショート”を起こして,真っ暗になるんである。
昨日の「イレギュラーな業務」は,“きっかけ”に過ぎない。
いつか必ず,どこかで“木偶人形”になる時が訪れる。

ビル 今日は,修復作業が間に合わず,
欠勤してしまった… ダメ
ちょうど薬も切れかけた頃なので,
メンタルクリニックに処方箋を貰いに出かけた。
薬物療法には,やり始めた5年前から懐疑的だったけれど,
じゃあ,だからといって,
ほかの何に縋ればいいのかわからない。
薬をやめてしまったら,今よりもっと悪化する可能性だって…

“年忘れ”は難しい

ジョッキ ゆうべは職場(派遣スタッフ)の忘年会だった。
シフト制が敷かれている業務だから,
それぞれの出社日や退社時間がうまく合うようにする,
その調整がいつでも一番難しい。
1~2名の欠席というのもやむを得ないんだよね。

そもそも忘年会・新年会など,仕事の延長線上にある行事は,
出費が大きくなりがちだ お金
貧乏で,社交的なイベントを好まない私は,
時として,この類の宴席を辞退することも珍しくない。
熱燗 でも,今回幹事を務めるのが,
私の作業をいつも率先して助けてくれる男性。
尊敬と愛着を込めて“マブダチ”宣言をしたくなる,
教養と愛嬌を兼ね備えたおじ様なんだ ラブ
しかも,「この忘年会は自分が幹事をやります」と
自ら宣言。思うところあっての“挙手”らしい 力こぶ
日ごろの「お世話になりっぱなし」の状態を思えば,
何とか彼を応援したくなるじゃありませんかっ びっくり

本番を迎えた忘年会。
参加できなかった人は2名
(うち1名は当日キャンセル。でも私は喜んだ♪)。
結果は,すっごくhappy&ハートウォーミング ドキドキ小
私は,隣に座った酒の強い先輩女性とガンガン呑み合い,
最終的にどのくらいの酒量に達したのか定かでないほど。

乾杯 ここまで宴席を楽しめたのには,
妹の陰のサポートもある。
ゆうべは,休日にあたった妹が夕方から
部屋に来てくれていたんだ。
だから,ふみの心配をする事もなく,
存分に忘年会を楽しみ,2次会まで参加してしまった 笑い

何してんだか…

ブタ 昨日の朝は,シャワーですませるのではなく
めずらしく,ゆったり浴槽につかる朝風呂だった。
首・肩の凝りがほぐれ,少しはリラックスできた筈だが,
風呂からあがった後が良くない ダメ
ジョッキ ひと汗かいたなら,そういう時はやっぱりビールだよね。
真昼間からもう“泥酔”状態になり(ホロ酔いではない),
〆切の迫った原稿に考えが及ぶ事は殆どなかったな。

今日は,中山競馬場で卓上カレンダーの配布があり
(通常の壁掛け用カレンダーは先週のうちに終了している),
けっこう汗だくで汗 複数のカレンダー確保に努力した。
そういう部分でエネルギーを使ってしまうと,
肝心の競馬観戦のほうはダメだね ドクロ
もともと無い根性が更にマイナス値を記録して,
昼前には競馬場から退却という有り様なのさ… 落ち込み 

部屋に戻ってからは,またも酒盛り グラス
原稿が真っ白である現実を見ないよう,
いいかげんに作った鍋物に食らいつき,
酒をあおり続けた… ダメ人間ですわ…

織田裕二,39歳に

リボン 今日は織田裕二の誕生日。
1967年生まれの彼は,39歳になった。
30代の最後を迎えた訳だね。
20代前半から脚光を浴びていた彼が,
40近くになる現在まで,一線で活躍し続けている事は,
想像してなかったなぁ。
男性って判んないもんだ。
私が「この人,年取ってからはやっていけないんじゃ…?」
と,“負”の未来をイメージしても,
けっこうな確率で,予想や危惧は裏切られる。
“イイ年の取り方”ができるのって,素晴らしいね ドキドキ小

実は,十年あまりお世話になっている厩務員さんも
祝 今日が誕生日だ。確か,還暦は昨年迎えてるのかな?
メール 初めて,そういえば今まで実行した事がなかったけど,
今回は,BIRTHDAYメールを送ってみた 笑顔

クラッカー 妹が申し込んでくれてた,の横アリでのコンサート。
第一希望が通り,初日にあたる1月3日のチケットを入手できたっびっくり
ひねくれ者の私は,新年に慶びを感じることはないんだけれど,
こりゃ,正月から踊っちゃうよな ダンス

コーヒーが飲みたいだけじゃなく…

おにぎり 真夏の間は,職場の休憩室で持参のおにぎりを食べ,
涼しく快適な陽気になった秋は,屋外のベンチスペースで,
おにぎりやサンドイッチを食べて過ごす事が多かった。
雪 さっむい冬になってからどうしているかというと,
休憩室で過ごすことは滅多になく(同席の人が誰かにもよる),
もっぱら徒歩10分ほどのカフェテリアで食事する事が多い。
吉野家や松屋に入ってド~ンと食べる事も少なくないけどね。
ぼんやりと,「もの想いにふけりたい」ときはカフェを選ぶ。
食パン コーヒーとサンドイッチじゃ,
大食いの私には足りなくてしようがないんだけど,
ゆっくり独りの世界に埋没できるところに満足している。

光抱く友よ…

鐘 親友の誕生日。
真夏に働き始めてから,一度も逢ってない 太陽
土日が休みの仕事だけれど,
やっぱり,ご主人不在の平日昼間に語り合いたいよね。
思いきり(だんな様,ごめんなさい すいません)。

自分の姪っ子のように感じている,彼女の愛娘とも,
なんともう10か月逢っていないんだ 赤ちゃん
子供の成長はあっという間だ。
日に日に変化し,新鮮な変貌を遂げている筈。
その様子を定期的に見守れないのがツライ。

子育てに自分の時間の殆どを捧げる彼女のことを
いつも想っている,何故か仕事の休憩時間に必ず。
彼女が腕に抱いているのは,“光”だと信じる。
彼女がこれから進む道の足元を,照らしてくれる光だ。
あなたが守るべき命は,あなたの心もきっと守ってくれる。

プレゼント まだ,リクエストに適ったプレゼントも
見つけられてはいないんだ。
でも,きっと必ず逢いにゆくからね。

とにかく,お誕生日おめでとう… キラキラ
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ