文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

2007年04月

スーパーハイテンション

ジョッキ 昨晩はやや晩酌の量に無理があったものの,
今朝の起床時間は通常どおり。
ま,二日酔いの気だるさで,
布団から不承不承出たようなもんよ。

本 午後まで,床に転がってふみと遊んだり,
親友から貰った文庫を読んだりして過ごす。
今日は暑くなりそうだ。半袖でもいいだろう 太陽

妹と待ち合わせた3時過ぎに,後楽園到着。
ところが,駅からドームに至るまで,人があふれ,
WINSにつながる場所まで人人人…と隙間もない。
これでは,どこに誰が居るか全くわからん。
しかも,みんながみんな携帯で連絡を取り合ってるせいか,
携帯 私と妹が居場所を確認しようにも,
通話がうまくいかない。
こんなに人で空間が埋まってしまってると,
メールで居場所を特定するのは難しいもんだ。

30分ほど四苦八苦して,ようやく妹と合流。
「すごい人だね~まだ開演まで2時間半あるのに」
座ってるのも立ってるのも走ってるのも,
みんな若い女の子ばかり。
全体の約半数が中高生なんではなかろうか はてな
今日は,ドームコンサート2日目。
特設テントのグッズコーナーに行くと,
既に昨日のうちに完売してしまったものが幾つもあった。
妹が,「やっぱり一緒に来てくれる人が居ると楽しいなぁ」と云う。
独りだと,「あれを買おう,これは買わなきゃ」という
盛り上がりに欠けるんだそうだ。
私も嬉しいよ。よりによって,こんな年齢に達してから,
夢中になったアイドルが姉妹で一致してるなんて 祝

PC嫌い

星 あ~,とうとう無職のまま,この1か月が終わるのか。
目覚めるなり,そう考えた。
ここ3年ばかりの間に,何度も失業しているのだが,
出勤の必要がない期間でも,
起床時間・就寝時間ともに,極端に変動する事はない。
日の出 遅くとも8時前後には布団をあげ,
日付の変わらないうちに布団に入る習慣ができている 流れ星
3年以上前に遡れば,見事に昼夜逆転の生活に
突入してたね,ひとつ仕事を喪うたびに。
現状は,自分が人並みに年を取ってきた事の顕れなのかな はてな

ごく最近では,ふみが5時前後に騒ぎ出すのに応えて,
そのまま自分も起床してしまうことも多い。
だって,仮眠はいつでも出来るもん ZZZ
仕事してる時だとね,少しでも眠っておきたくて,
ふみの要求に応じた後,布団にもぐって無理矢理寝直してた 笑顔

日中でもふみは,あ~だこ~だと話しかけてきてうるさい。
結局,私が仕事に出ていても,いなくても同じな訳 はてな
ただ,彼女には彼女の言い分があるらしく,
部屋に居るのに,私がふみを見つめていないのが不服 怒り
「わかったよ,じゃあ私も寝るよ」と捨て台詞のように云って,
私が床の上に大の字になって横たわると,
不思議なくらい,ふみの態度は変わる 猫
いつまでたっても,ふみはPCが憎いのね。
パソコン 私がディスプレイとキーボードに向かってなければ,
それだけで安心するんだ。
自分が「愛を独り占めできる」って思うんか ドキドキ小

薫風の府中

馬 冬の終わりと春の始まりを感じさせてくれた,
中山競馬の開催は終わった。
今週から,舞台は府中に移る。
しかも,スタンド改築が完全に終了したので,
勢いよく『グランドオープン』の看板を,
空間にもメディア上にも掲げている。

どんなにサービス精神に欠け,
動きづらい設計が採り入れられているままでも,
私は,中山競馬場が一番好きなんだけどね。
「ドアtoドアが約40分弱」という近さが理由じゃない。
あそこの,どうにも垢抜けない風情が愛おしいのよね。

『グランドオープン』の威勢のいい掛け声どおり,
府中では“先着○○名様”の配布や販売が行われていた。
観たいレース,大切な馬の出走もない週だったが,
JRAに躍らされている事は承知の上で,
配布や購買の行列に並んでいた 走る

引退騎手によるOB戦,『ジョッキーマスターズ』は,
予想以上に感動するイベントだったよ。
今後も継続する方針をJRAには採ってほしいな。
競馬ファン(ある程度ヘビー)を引き寄せるのは,
案外こういう企画なんだよ。

カードは嘘をつかない

雨 月曜は,忙しかった。
昼前に知人の転職先で面接を受け,
午後には,元職場で ビル
“職業適性検査”の結果に関する説明に
神妙な面持ちで聴き入る。
そして夕刻まで,ちょっとだけ時間をつぶし,
元先輩2人の退社を待った。

乾杯 “名目”は特にないけれど,
親しい間柄での呑み会が,予定通り行われた。
仕事の都合で,例の「面接仲介」をしてくれた女性は,
30分ほど遅れての合流。
彼女,そして,美人先輩&“ハイパー”先輩,私。
この顔ぶれは,けっこう面白いかもね ウインク
本音を云うと,女だけで呑むほうが面白い。
特に,“ハイパー”先輩のような男性は邪魔なのだ ダメ
ただ今回は,先月の部署総出の『お疲れさま会』で
私がお披露目した「インチキ手相占い」の反響の余韻だろう,
「更に深く占って」という要望が“ハイパー”本人から出た為,
私はトランプ占いをする約束になっていた。

電球 タロット占いは,もう15年やっていない。
それ以上に,この“トランプ占い”は長くやっていなかった。
最初は,ある「占い好き」の女性から教わって,
その後,自己流に改変して20代まで他人の占いをやっていた。
占いを希望する人間は,もっぱら深夜バイトの仲間ばかり。
深夜作業の校正で疲れた頭は,どこかへトリップするのか,
不思議に,占いの的中率は高かった。
占いの結果どおりに,結婚するカップルもいれば,
破綻を迎えるカップルなど様々。

今回占う約束をしていた対象は,
手相を観ただけでも「女難の相」「多恋多難」が
歴然としている男性だ。
私は,男性には容赦しない。
ましてや,相手となる元先輩は私が嫌うタイプの人間。
酒の勢いに乗った診断は,崖っぷちで躊躇しない。
云いたいだけ云って,占いをクローズした。
なんと,“ハイパー”先輩にはズバリ的中している
結果なんですと びっくり

ふわっはっは…カエル
占いが当たっても,私自身は少しも嬉しくない。
だって,自分の精神面がダークなほど,
占いは的中する傾向にあるから 電球

特技?

電車 昨日は,知人の紹介による面接が終わってから,
いったん部屋に戻った。
そして,窮屈なスーツからラフな服に着替えて,
午後3時半に前職場の“専門相談”ブースに入っていった。
それは,先週金曜に受けた「職業適性検査」の結果と分析を,
担当者に教えてもらう為の大切なフォローなのだ。

最初私は,美人先輩を通して,この検査を大先輩♂に
担当してもらうつもりでいたんだよね。
そうしたら,私の検査エントリーを聴きつけた女性が,
「あつぶこさんの検査なら,私にやらせて!」と
美人先輩に迫ったらしい。
美人先輩が「どうしますか?」と戸惑って尋ねてきたものの,
私は,そういうのは“縁”とか“きっかけ”と感じているので,
「じゃあ,せっかくそう云ってくれる彼女にお任せします」
と応じた まる

15時半,検査の結果説明が始まった。
でも,互いに知り合ってる間柄がマイナスにもプラスにもなる。
そして,私の“長年の職業癖”(学校の取材をして12年)が
どうしても顔を出してしまうらしく,
気がつくと私のほうが,解説者に対して取材を行っていて,
相手のペースを乱して困らせてしまったダメ
専門相談員の彼女が繰り返し云ってくれたのが,
「癒し系」「人に好かれる」というポイントだった。
非常に,意外な評価じゃないか。
これがもし正しく的中しているのなら,
私の人生って,果たして何なのかはてな

得意技?

クローバー 前職場で“提携”関係にあった職場で働いていた女性は,
特に不満がある訳ではなく,寧ろ向上心でそこを辞めていった。
そして彼女は,契約更新ができないまま辞めていく私を気遣い,
自身の就業後10日ほどしてから,社内の求人情報をキャッチし,
早速私に話を持ってきてくれた。
しかも,中間管理職の男性は,実は彼女の前職場での上司。
雨 今朝,数年ぶりにスーツ着用で通勤電車に乗った。
面接官は,上記のとおり前の職務を知っている人だったので,
あまりカチコチにならずに話ができた。
ただ,実務経験にこだわらないとはいえ,
私には,経理事務や給与計算などの経験が一切ない。
それを,エクセル入力ひとつだけでどうにかできるのか?

互いに気懸かり

ビル 昨日,前職場のビルに足を運んだのは,
職業適性検査を受けるばかりではなく,
私とふみの行く末を気にかけていてくれた職員さんに
逢うことも,目的に含まれていた。
Nさんとしておこう。
新年度の人事異動によって,中枢の職員が去り,
気がつけば,当の職場の業務を解っている職員は,
Nさん独りという人員構成になっていた
(彼女より古株であっても,業務を全く知らない職員もいる)
3月まで居た職員たちは,それは優秀だった。
派遣スタッフもそれは痛感,熟知していた。
その分,新年度から指揮を執らざるを得ないNさんに対し,
周りはつい,過去の職員たちと比較をしてしまう。
「○○さんが異動したのは大いなる損失だね」
「××さんの存在っていうのは実に重要だったんだね」
―― などと,派遣スタッフが本音を吐くとこうだ…

私は,もう少し違う見解を以前から持っていて,
Nさんは,あくまで“参謀役”として向いていたのだ。
○○さんや××さんの活躍を,陰からさりげなく
支えていたのはNさんだと,私は捉えている。
逆にきっと,正面に出ていく事は彼女に向いてないかもしれない。
だから,たった半月足らずの間でも,
彼女に相当の負荷がかかっているのではないかと心配だった。

形はいかにも,「職場を解雇された人間が求職相談に来てる」と
見えただろうな。
現実には,あの法人の在り方や姿勢を何となく解っているので,
「自分に新しい居場所をください」なんて頼む気は,絶対ない。
ひたすら,Nさんの現状が気懸かりだっただけなのだ。
予想通り,彼女はだいぶ疲弊していた。
それなのに,私の生活や求職活動のことをすごく心配してくれる。
いいんだよ,私とふみの生活のことは。
それより,どうか精神的に身体的に,無理をしないで… 大波

子供の頃,獣医になりたいと思ってた

ビル 前職場のビルに足を運び,
親しくしていた職員さんが担当する『職業適性検査』を受けた。
今更…という気がしないでもないけど,
自分自身を固定観念で決め付けているところが相当あるから,
ここは初心に還ってみようと。真面目に検査を受けてみた メモ

結果そのものは,検査後の自己チェックですぐに判る。
自分に向いている職業,自分が潜在的に望んでいる職業…
とりあえず私は,ここ15年ばかりの職業が,
実は自分に向いてない,あるいは本意ではなかった事が判明。
落ち込み 自分では,校正も入力も“天職”に近いと,
ずっとそう感じていたんだけれど…
現実的な私の精神は,無難に取り組める“収入源”として,
それら職業と組んでいたのかもしれないね。

来る日も来る日も…

パソコン 月曜日:派遣会社MJより電話。
先週WEB上で応募した求人について,
既に他のスタッフで決まってしまったと告げられる。
携帯 火曜日:派遣会社MCより,仕事紹介の電話あり。
勤務地が遠いのと,業務内容が自分向きではないので,
丁重にお断りする。
メール 同日,派遣会社Aより“不採用”メールが届く。
徹底的に,人と人との接点が排除されてるシステムも哀しいな。
携帯 水曜日:一番就業回数の多いRS社から紹介の電話。
業務内容・勤務条件共に惹かれるものがあったので,
「是非お話を進めてください」とコーディネーターに頼む。
数時間後,コーディネーターの女性から連絡が入り,
「先方の方針変更で,人員補充はしない事になったそうです。
 誠に申し訳ありません」と謝られた すいません
そんな…あなたが悪いんじゃないんだから,謝る必要はないよ。

すべては,能ナシ・スキルなし・資格ナシの私が悪いのです。

黄色い涙

馬 昨日は阪神競馬場で,G?桜花賞が行われた。
失業しなければ,今年こそ行きたいレースだったな…ハート割れ
中山競馬場のターフヴィジョンで,阪神のレースを観戦し,
その足で都内へと向かう 電車
妹と新大久保駅で待ち合わせ。
随分地味なスポットと思われるかもしれないが,
主演映画『黄色い涙』は,この地で上映されてる。
待ち合わせは5時。
ムービー 上映開始は8時。
余った時間は,映画館に近い居酒屋で妹と呑んで過ごす。
まぁ,私は毎日晩酌やらないと(日中でも)ダメだからさ,
妹に空き時間を利用してつきあってもらった感じです 乾杯

映画は,良かったなぁ。
そんなに期待してなかったけれど,それは“嵐”ファンとしては
認識が浅かったかしらはてな
作品の時代背景が,昭和30年代でね。
ちゃんとそこに,嵐のメンバーはとけ込んでいたよ。
ほかのアイドルグループだったら,果たしてどうかな。
嵐はみんな(松本潤は例外か?)地味だからね。
“素人っぽい”と言ったら語弊が生じるだろうけれど,
嵐は“役者臭さ”を出さない分だけ,
各地から東京に集まった若者たちの戸惑いと挫折が,
よく表現されていたように思う。

「嵐ファンだから」じゃなくて,この映画は
もう一度観たいと思う。
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ