文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

2007年08月

今年の“縁(えにし)”

乾杯 昨晩は,“勉強会の美人”に男性を一人加えた,
「3人懇親会」だった。
男性は,7月の「フリーディスカッション」の場で
知り合った,S氏(としておこう)。

彼とは,2つの中グループ(?)に分かれて行われた
ディスカッションで,同じグループになった バニー
「結婚・離婚の条件」というテーマのもと,
参加者がそれぞれの考え・感想・体験などを話し,
互いに質問や意見を交わし合う。
その中で,「結婚に踏み切れない」現状を率直に語る,
S氏の姿は印象的だった。
他の参加者にとっても,それは同様だったと思う。
私の場合,席が隣りという位置関係から,
彼に対して質問をぶつけたり,ツッコミを入れる事などが
積極的にできた気がする。

グループワークの後,まとめとして,
参加者同士でメッセージを送り合う メモ
S氏は私に対し,「云う事に説得力があった」と
感想を述べてくれた上に,「声の印象」にも触れてくれた。
この低い声が,彼にしてみれば「好い」のだという。

後でF嬢(“美人”の事)と話したら,彼女にとっても
S氏というのは,すこぶる印象的な存在らしい。
彼女と彼が知り合ったのは,3年ほど前のセミナー。
そこで彼の飾らない姿勢に惹かれ,
交流が始まったのだという。

私が,「いつかまたS氏と語り合いたいなぁ」と
F嬢に云ったのが,今月10日。そして,
半月後には「3人懇親会」が実現してしまった 拍手
F嬢の実行力には感心・感謝です ハート矢

今年は,喪ったものもあれば,得たものもある。
“縁”について,考えさせられる晩夏だよ 夕日

何処へ行こうとしているのか,わからん

悲しい 今週で失業給付の認定も最後となった。
外で働く事をしなければもう,生計は立てられない。

汗 気温が一段落したとしても,湿度は依然高い。
そう感じるのは私だけなんだろうか。
駅のホームや電車の中で,しきりに汗を拭う姿は醜い。

無数にいろんな事を途中で放り投げているのに,
ポケモンスタンプラリーだけは,何故か完走にこだわる。
今日がスタンプ設置期間の最終日。
昨日回れなかった2駅にのんびり出かけ,
さすがに汗をかく程のエネルギーを使わぬうちにGOALする。

でも,ちっともエネルギーを使わなかったのに,
帰宅前に寄ったコンビニで 食パン
ジャンボナポリタンや寿司弁当などを買い込み,
部屋の中で一気にたいらげた。
昨日も,松屋で牛焼肉定食をきっちり食べておきながら,
部屋に戻ってからすぐ,サンドイッチやカツバーガーなど,
ロケット テープを早回ししているようなスピードで
胃袋にガンガン詰め込んだ。

過食症は最近に始まった“病”ではないから,
格別自分自身でびっくりする事態でもない。
ただ,なさけないよね 落ち込み

8月も無職なのか?

困った ついに,「失業5か月目」に突入だ。
失業給付金だけで,どうにか生きのびているが,
その給付も今月で終了する。やばいやばい。
今月中に仕事を見つけて働きださないと,
“崖っぷち”どころか,崖から転落だよ 流れ星

2日(木)は東京丸ビルに行ってきた。
もちろん,派遣登録のため。そういう目的でもない限り,
丸ビルや新丸ビルには縁がないものね,私の生活は。
登録してきたF社は,例によって
Web求人に応募したら電話連絡が入り,
「応募の求人には,既に採用者が決まってしまったが,
 よかったら弊社まで本登録に来ませんか?」
と気を遣ってもらったケースです 笑い

登録終了後,紹介してきてくれた仕事には,
やっぱり私向きのものは含まれてなかったなぁ。
もうダメなのか。何もかも,さすがに ドクロ

携帯 昨日,久々にR社から仕事の紹介があった。
勤務条件に難点…しかし,黒星が数えきれない程重なり,
その分失望も濃くなっている現状では,
思考回路に“血栓”がいっぱい詰まってて,
考えること自体できなくなってしまってる。
来週月曜に早速,派遣先と面接する事が決まった。
どうやって生計立てていったらいいのか,もう判らん。

ご縁がなかったのですね…?

あ,24日(火)に面接した企業は不採用だったわ。
携帯 その日のうちに,派遣会社の
コーディネーター(営業ではなく)から告げられた。
垢抜けたマンション群と高層オフィスビルが建ち並ぶ,
南砂町駅東口にはやはり,私は似合わなかった 悲しい

汗 金曜日,汗を何度も拭いながら,
西葛西の会社に面接に行く。
同行したのは,つい3日前にも顔を合わせた,
派遣会社Mの営業マン。
見た目は,俳優の伊原剛志を小粒にした感じで,
第一印象は決して悪くない。
でも,言葉を交わすとすぐ,冷ややかなものが刺さってくる。
思いやりとか熱意は,ほとんど感じられない 宇宙人
それは,1回目も2回目も同じだった。

企業に紹介する“駒”が,私のように
年齢・スキル面で既に「劣っている人材」だと,
自然に“省エネ”モードになるのかな。
「負けると判っている戦に力は入れない」ってこと はてな
面接が終わって営業と別れた時点で,
結果には予想がついていた。
そして昨日,当然のように不採用の連絡が来たわよ。

年々,仕事探しは厳しくなるばかりだ ドクロ
世間の景気が,メディアで言われるほど上向いてないし,
バイトでも派遣でも,圧倒的に若い人材を
ライバルに闘わなければならないんだぜ,今は。
“負け戦”は当たり前なのさ。
そもそも“縁”なんて,自分にあるのかな。
仕事でも,人間関係でも… ハート割れ
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ