文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

2007年09月

女の敵はやっぱ男だろ…?

幽霊 「地味で暗い」と,私を退ける態度を示していたオッサンは,
それでも派遣会社とのつきあい(今思うと,馴れ合い)に
配慮したのか,“代替案”を出してきた。
「求人を出しているA部署ではなく,
 B部署になら来てもらってもいい」という。
ちょうど人が足りないし,“バックヤード”のB部署なら,
私の持つマイナスの雰囲気も問題にはならない,と。

話の方向が逸れてきた時点で,辞退することもできた。
応募した仕事とは違うものを紹介されて,
それが自分の希望条件からズレてしまっているのだから。
しかも,自分のキャラクターを否定する姿勢を示されて,
まだ尚,相手側に擦り寄る必要もない
(後日,知人や友人にこの面接内容を話したら,
 憤慨された。「自分ならすぐ断る」と怒)。

ただ,初めて受ける派遣の面接。
バイトなどの面接と違って,同席する営業が居る。
派遣会社HRは,この面接先企業に
多数のスタッフを送り込んでおり,
「紹介すれば採用は当然」のパイプができているらしい。
実際,面接前の打ち合わせで営業は,
「滅多に不採用にはなりません」と言っていた。
なのに,「まさかの不採用」が濃厚な気配 汗
隣席の営業マンが動揺しているのが,伝わってきた。
ここは,営業の顔を立てるか…?
そんな風に,臆病な気持ちが出たのかもしれない。

面接の席で,結局は私は
“代替案”を受け入れる意向を示し,
その日のうちに採用が決まった。
そして,就業初日に激しく後悔することになる。
自業自得なんだが,配属された部署の上司は,
面接を担当したあのオッサンだったのである 困った

女の敵はやっぱ男だろ…?

ビル 毎週土曜日だけの派遣校正も,
先週2回目の勤務(殆どまだ研修だが)を終え,
今のところ“前途多難”の手応え(?)などはない。
同じ派遣会社から同期でスタートした人との関係も,
無難にこなしている。
問題は,派遣営業のいいかげんさだけだな ダメ

週1校正の仕事で世話になるHR社とは,
2004年春に1か月半就業した後,ほぼ絶縁状態だった。
派遣先の上司と業務内容に不満があり,
1か月半で迎えた契約更新には応じる気になれなかった。
だから,この3年ばかりの間に
何度か仕事紹介の連絡を貰っても,
なんだか「縁起の悪さ」を感じてしまって,
仕事の中身を聞く前にすべて断っていたくらいなんだ。

とにかく,上司のオッサンが最悪だった ドクロ
(これは3年前に別のネット日記でも書いている)。
いわゆる「顔合わせ」という面接の際に,
オッサンは私の職務経歴書に目を通し,
同行の営業の「アピール・トーク」に耳を傾けた後,
おもむろに「地味で暗いんだよね」と言ったんである。
それはもちろん,目の前の私に対する感想。
就業先として話を進めていた部署には,残念ながら
「その地味と暗さがマイナス」で回せないという。
10代の頃から,数え切れない程「地味」「暗い」と,
男女両方に指摘されてきたので,そのオッサンの意見も
間違いではないと思った。
「そうですよね,よく言われます」と同調した私に,
同席する営業も無言で驚きびっくりのシグナルを発していた。

ただ,私が希望する仕事は事務職の筈なので,
そんなに「明るさ」とか「華やかさ」が求められるんかはてな
と,考えさせられる面接でもあった。

“安泰”は永遠にないだろ…

泳ぐ 先月下旬から市ヶ谷で校正の仕事(RS社派遣)を
している。失業5か月目も終わりが見えてきた頃に,
ようやくありついた仕事だが,これで“セーフ”ではない。
焦るあまり,月間勤務日数の非常に少ない案件で妥協 悲しい
当然ながら,その仕事だけで生計を立てる事は無理なので,
「2つ目の仕事」を探すことになる。
そして,それは先週末から新橋で始まった。
信号 これまた,校正の仕事(HR社派遣)でなぁ…

パソコン 「PC業務は,ワード・エクセルができて当然」
もう何年も前から聞かされている,“派遣業界事情”だ。
たしかに,21世紀に入ってからいろんな職場で働いてきて,
「それは事実だな」としばしば痛感している。
「PCできます」と胸を張って言いたいなら,
ワード・エクセルは上級レベルまで習熟していたほうがいい。
あるいは,ワード・エクセルに加え,
アクセスやパワーポイントの実務経験があるとか,
DTPオペレーションができるとか…

「第一希望の職種は入力業務」
この7年間,ずっとそう希望を述べてきた私のスキルは,
雇う側が要求する基準に満たないことが多かった。
“データエントリー”業務が好きなんだけれど,
これは,人気の職種。
競争率の高い場で,私が勝ち残れる事は滅多にない。
勉強しなきゃ…スキルアップを図らなきゃ…って,
毎年毎年焦っているわりには,
現実に努力することもしてないんだよ 汗
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ