snow

   ふみが高齢になってから、
   外出中の頭は常に“家路”だった。
   部屋に戻ってふみのご機嫌をとる事ばかり、
   考えてた。よくも悪くも変わり映えのしない毎日で、
   同じ事の繰り返しだったのに、どうして
   あんなにシミュレーションに夢中になれたんだろう。
   (動物と暮らす人は、何となくお解りでしょう)

   ただ、変わらないものっていうのも無い。
   終わらないものっていうのも、無い。

   道は分かれてしまった。
   ずっとふみと旅をしていたかったけれど、
   今はそれぞれ、違う路を歩いている。

   私の家路は、大野くんの為のものに
   なっている。すっかり。
   部屋の空気にどっぷり浸かって、
   布団やカーペットと同化しているような生活。
   それでも、日々が“旅路”だと思えるのは何故だろう。

   家路を重ねて、それが旅になっているのかな。
   旅そのものが、どこかへ帰り着こうとしている、
   “家路”につながるものなのかな。

   大晦日。
   今年を振り返る気持ちになれずにいます。
   例年以上に。
   未来への不安ばかりが成長していくのを、
   幸い、大野くんには感づかれていません。
   旅はまだ続くんだよ…

    重い足取りのこの日記を、
   いつも見守ってくださって、ありがとうございます。
   お蔭さまで救われています。
   支えていただいています。

   どうぞ、良いお年を…