文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

仕事

長月から神無月へ

    

    9月は、瞬く間に過ぎ去りました。

    前半に派遣先を退職し、
    有給休暇の消化に入った後半は、
    できるだけ整形外科のリハビリ治療に通いました。

    

五月のミライ



    退職日までの10日余りは、緊張の連続でした。
    「大量の私物を、きちんと整理して持ち帰れるか??」
    ↑ え、それが緊張の理由なの…?

    手持ちの業務が終了しない事は明らかでしたが、
    担当の社員さんが受け取っても、できるだけ困らないよう
    (それも、土台ムリな話ではあるものの)、
    連日気を張って作業しておりました。




イオまぁまぁの顔




    退職した翌週からは、平日もリハビリ治療に通うようになりました。
    やはり、平日のほうが予約は取りやすいです。

    9月末日に治療を受けた時は、担当の理学療法士さんから、
    「首と肩の状態が随分違ってきている」と言われました。
    良化していっている、という事です。
    治療の機会を増やした甲斐があった ♪
    でも、仕事をしていない状態っていうのも、大きな要因でしょう。

    これでまた、何か仕事を始めたら、
    具合は元に戻ってしまうのでしょう、高い確率で。
    複雑な心境ではあります。





黒絵あられもない…




    心地よく眠りやすくなった、秋の訪れ。
    ミライと黒絵と私、順調に肥えています…


やがて、夜が明ける



ふみの夜明け


    またもや御無沙汰しているうちに、梅も桜も過ぎてしまった…

    待ちかねて、やっと訪れた春は、駈け足で去っていくのね。

    
    朝と夕方、決まった時間に決まった行動をとっている人は多いでしょう。
    典型的なのが、通勤・通学。
    特に朝。通勤ラッシュ時に、乗る電車はだいたい決まっている。
    電車(の時間)だけじゃなく、その車両、ドアの位置までね。

    ある程度の期間、同じ電車を利用していると、
    “固定”の顔ぶれが記憶に刻まれるようになります。
    同じように、おそらく私の姿も誰かが憶えている。
    そして、時間が経つうちに、そのお馴染みの顔ぶれが 
    “交代”もしてゆくのです。

      あの、つい挙動不審に見えてしまってた男性は、
      仕事を喪ったのだろうか。転職か、シフト変更か?
      爽やかなカップルは、どちらも姿を見なくなったけど、
      結婚して引越しでもしたんだろうか。
      別れて転居した可能性もあるよな…


    そんな風にぼんやり、あれこれ想っているうちに、
    月日は流れ、私は今日も同じ電車に乗ります。
    つまり、同じ職場に通い続けている訳です。

    いつ解雇されてもおかしくない。
    実際、自分が働き始めてから、
    派遣スタッフが何人も契約終了になって、
    彼らが去っていくのを見送りました。



生後1年(推定)の大野くん

                    1歳の誕生日(推定)を迎えた頃の大野くん



    今年の1月~3月の間は、職場環境の改善を望み、
    派遣元・派遣先と少し、揉めました。
    “トラブル”と認定されるケースなのかもしれません。
    自分としては、心身を少しでも好い状態に保って、
    1日でも長く働いてゆきたいからこそ、
    めずらしく本心をぶつけたのでした

    6年前。ふみが逝った直後。
    それまでは、あまり気にしないように努めてきた事が、
    ふと心に引っ掛かって、結局、
    長期就業を見込めた派遣先を辞めてしまいました。
    あの時と、状況が似ています。

    幸い、どうにか首の皮一枚つながった形で、
    まだしばらく勤められそうです。


    夜明け前が、一番昏いのだと思います。



春が来れば

ミライ腹筋





     ミライの腹筋は、「田」の字に割れています。
     おぉ~っっ (ノ ̄∀ ̄)ノ  生涯自分には無縁の、
     切に憧れる腹筋!!


     ―― 実際はね。棒っきれのようにスレンダーだった時期に
     避妊手術を受け、その後ふくよかに成長していったため、
     縫合痕と脂肪とで「腹筋もどき」が形成されたのです。


     生後1か月で公園に棄てられていたミライは、
     不遇な身の上を逆転させて、“家猫”に落ち着きました。
     彼女を宝物のように守り、愛してくれた大野くんは、
     通過儀礼である手術の半月前から、
     私たちの部屋に戻っていません。

     大野くんがミライの育児係を率先して務めてくれて、
     私はとっても助けられました。
     大野くんの献身がなかったら、
     ちゃんと仕事に出られなくて、自滅してたと思うよ。
     有り難いって痛感してた筈なのに、
     日々感謝の気持ちを、大野くんに伝えていなかった…



新入り10日で特等席へ…



    再来月、ミライは2歳になります。
    チビ兄ちゃんの居ない、2回目の誕生日。
    「狂暴なシマリス」のごときミライは、
    まだまだ仔猫の領域に居るのでしょう。
    大人になって、少しばかり静かになってほしい。
    その一方で、「いや、いつまでもワンパクであってくれ」
    と望む気持ちが複雑に在ります。

    ミライが仔猫のままなら、
    「まだ育児が終わってなかったっけ?」と、
    大野くんが帰って来てくれそうで…




ミライ・ふみ・私の誕生日後




    今日はきっと、『肉球の日』



    

宿 命

   

       なんだか、演歌のようなタイトル…


聖夜っぽい


   2013年も、ついに残り10日。
   カウントダウンが始まります。

   仕事のほうは、あと1週間。
   正確には、火~金の4日間で終わりです。

   
   大野くん探しは、近所周りでも遠出でも、
   気がつけば長い時間、多くの歩数を重ねる事になります。
   ふくらはぎや太ももの痛みなどを別にすれば、
   いい運動ではあります(ダイエットにはつながりません)。

   ただ、その運動と、首・肩の凝りの解消とは、全くの別物。
   平日夜間と週末にあちこち歩いている時には、
   頸椎のつらさも肩の張りもほとんど感じないけれど、
   ―― この2か月ですっかり脳のどこかが壊れて、
       いろんな面で以前とは違ってきています ――
   自分の首・肩の状態は、非常に良くないらしい。
   
   まぁ、週のうち35時間はデスクにへばりついて、
   ひたすら眼を酷使しているのだから、当然ですかね。
   もちろん、私生活でのストレスがそこに加わっている。

   師走に入って、あんなにつらかった首・肩・利き腕に、
   痛みすら感じなくなったんだよなぁ…
   「それは、むしろけっこうヤバイです」と、
   通院している整形外科の先生に指摘されました。


   「猫はあんなに姿勢が悪いのに(猫背だし)、
    肩こりや腰痛にはほぼ無縁なのになあ」
   ふと心に浮かんだ事を口にしたら、
   「それは、人間と違って二足歩行じゃないから」
   と、真面目なお答えが帰ってきました。
   「二足歩行になった時から、肩こり・腰痛が出てきた。
    いわば、人類にとって宿命のようなもんです」

   宿命かあ…その言葉を心の中で反芻しながら、
   思わず、ハッとしました。
   うちのミライ、二足歩行やってるぞ、毎日。


   
リボンとミライ


   残念ながら、ミライが立ち上がって
   プレーリードッグみたいになってる写真は撮れていないけど、
   楽々と後足2本で遊んでいます。

   そういう特技というかポーズは、猫にめずらしくもない。
   でも、自分の長い猫歴の中で、
   そんな風に行動する猫は意外といなかったので、
   ミライの後足の裏を測ったことがあります。
   なんと、生後3か月のミライと、
   4歳の大野くんの後足の裏の長さは、同じでした。
   「これか?二本足で立ち上がるのを容易にしているのは」
   と、その時は納得したもんです。

   え。じゃあ、ミライにも肩こりや腰痛の心配があるの??
   ―― いや。それはないって 


   
大野くんとミライ生後3か月


   部屋には、2種類の爪とぎ箱を置いています。
   床にそのまま置くタイプと、壁に立てかけるタイプ。

   私が玄関のドアを開けて「ただいま~」と入ると、
   大野くんとミライが並んでツメをといでる光景が待っています。
   ある種の「おかえりなさいパフォーマンス」でしょうね。

   2匹が、壁かけタイプに向かって、
   伸び上ってせっせとツメをといでいる。
   「お!微笑ましい兄妹ショットではないか♪」
   写真を撮ろうと携帯を準備しているうちに、
   「ごはん、ごは~ん」と私のほうに歩いてくるので、
   その兄妹ショットは撮影できていないままですが…

   今、ミライはひとりで立ち上がり、ツメをとぐ毎日です。
   大野くんと並んでいた時は、精一杯伸び上っても、
   タテ長ツメとぎの半分ちょっとの所までだったのが、
   今では最上部に手が届きそうになっています。

   大きくなったな…
   

   

諦めないダンジョン

fumi_stardust


    楽な仕事なんて無い、とは思う。

     何処に行っても、いつでも、
    自分の「足りない能力」に悩まされる。
    「最初からデキル人はいないよ」って、
    鉄板の慰め言葉があるけれど、
    自分の場合、理解が遅く、のみ込みが悪すぎる。

    あ~周りに迷惑かけてんなぁと、
    常に申し訳ない気持ちで働いてきた。
    「できなくて恥ずかしい」という考え方にはならなくて
    (頭の悪さを子供時代から自覚しているため)、
    だから尚の事、成長・進歩に繋がらないんだろうか。

   
        現在の派遣先でも、静かに苦戦中 

     勤続年数の長い派遣スタッフさん(他社)が、
     「ここは大丈夫。よほどのおバカさんでない限り」
     と、励ましのつもりで言ってくれた言葉を、
     私はむしろ、だいぶ不安な気持ちで受け止めた。
    ―― よほどのバカなんですよ… 

    毎日、心の中で弱音を吐いている…でも、
    辞めようとは思わない。
    もちろん、「経済的に崖っぷち」って状況を
    今は冷静に考えている(例年、意外と度外視)から、
    破綻に直結する決断を控えている訳だね。

    
    「このダンジョンはクリアするべきだ」と、感じている。
    ドラクエやファイナルファンタジーに代表される、
    RPGをプレイした経験のある人なら、あの
    苦闘(厳しく、くやしい)の味が甦るでしょうか…

    あぁ~こんな低いレベルで、脆弱な装備で、
    飛び込んだのはまずかったわぁ!
    引き返したほうがいいにきまって…と、
    引き返すにもけっこうエネルギーが要ります。

    ダンジョンの入り口へと戻る途中でgame overも、
    大いにあり得るので、どうせいろいろ喪うなら、
    出口を目指したほうがいいと考える、2012梅雨なのです。

    「リセット」するには、私の場合もはや遅すぎるので、
    「辞めてくれ」と言われるまで、粘りますね。
    自分から棄てることは選ばない。
    自分にできる限りの仕事をして、残暑を迎えたいです。

    

士気を高めろ…

fumiinthedark



    “モチベーション”って、重要だと思います 
    向上心に欠ける私が言うのも、なんですが…

    正社員としてお勤めした経験が無い事は、
    自分の人生全般において“弱点”だけど
    (けっこう“致命傷”になっていたりもする)、
    その分、いろんな職場でいろんな働き方を
    してきた事は、良い経験になりました。

    上司や先輩・同僚たちが、真摯に仕事に
    取り組んでる(そんなガムシャラじゃなくてもいい)
    職場だと、自然と士気も高まりますよね。
    逆に、怠けてる人、こずるく立ち回ってる人がいて、
    しかも、それが通用しちゃってる環境だと、
    気持ちはしぼみ、モチベーションがガクッと落ちる…。

    職場の雰囲気を好循環させていく為にも、
    「士気の低下」を防ぐ、モチベーションを上げる事は
    大切じゃないかなぁ…と、過去に何度も
    感じたものでした 


    ―― 何故、このような日記を書きだしたか。
    それは、自分の意欲が今、やや低下してるから。

    契約更新になった事は、とても嬉しいんですが、
    今月に入って席替えがありまして、
    私はだいぶ奥まった場所に移りました。
    そこは、いくつかの意味で“孤島”であり、
    その点についてはいずれ、お話するかもしれません。

    問題は;
    私が「職場での生きがい」にしていた美人と、
    遠く離れてしまった事なんだぁ~っ 

        注)概ねノーマルな恋愛嗜好であるものの、
            私は、美人と可愛い女性が大好き。


    彼女の担当業務をたまにお手伝いする時ぐらいしか、
    接点はない。雑談できる程なじんでる間柄じゃない。
    私のほうで緊張しちゃって、挨拶するのが精一杯。
    でも、こっそり見てるだけでよかったの。
    彼女の声が聴こえてくるだけで嬉しかったの。

    現在の席では、それら、ささやかな幸せも得られない。
     あまりに離れてしまったぁ~
    見えないよぉ、聞こえないよぉ。
    彼女の存在を感じられないんだぜ…      

    (えぇ~っ?!士気とかモチベーションとか、
    たいそうなネタから入っておいて、
    なんなの、この卑小な悩み
 
     ↑ 自分で自分に激しく問うてみる…)  

    自分に与えられた目の前の仕事、
    その一つひとつに対して、真摯な姿勢で
    取り組む所存でございます   
    


The Door Into Summer

into_summer
  6月ですね。6月になってしまいましたね…

  梅雨は、盛夏の前に設けられた舞台のようなもので、
  日本に居れば、概ね“観劇”は避けて通れない。

  「梅雨入り」という言葉を聞いて、みんな憂鬱になると思う。
  でもね。私は「梅雨明け」の言葉を聞くと、
  もっと激しく憂鬱になるのよ 
  だって、「梅雨明け」の後に待ってるのは『猛暑』じゃん 

  つまり、6月~9月あたりまで、私は
  『不快なトンネル』の中で棲息している訳ですわ…
  汗っかきの私と、「毛足の長い」ふみちゃんは、
  毎年床の上でぐったりしてました。


    ひとつでも信じてる
    事さえあれば
    扉はきっと見つかるさ

    もしか君今すぐに
    連れて行けなくても
    涙を流す事はない

    僕は未来を創り出してる
    過去へと向かいさかのぼる
    そしてピートと連れ立って
    君を迎えに戻るだろう
    だからリッキー ティッキー タビー
    その日までおやすみ

    あきらめてしまうには
    まだ早過ぎる
    扉の鍵を見つけよう

    もしか君今ここで
    やり直せなくても
    淋しく生きる事はない

    僕は過去から幸せをもち
    未来へ向かい眠るのさ
    そしてピートと永遠の
    夏への扉開け放とう
    だからリッキー ティッキー タビー
    その日までおやすみ

    心には冬景色
    輝く夏をつかまえよう
    だからリッキー ティッキー タビー
    その日まで おやすみ

      (1980 詞・吉田美奈子 曲・山下達郎)

    ↑ もう30年以上前の曲です。
    そして、この曲のもとになっている『夏への扉』は、
    55年も前に書かれたSFなんですよぉ…


  
前回の日記で、希望の持てない状況を吐露した、
  派遣契約。7~9月までの更新が決まりました。
  3か月前と同じように、ただ書類一式が
  郵送されただけなんですけどね(おい、営業くん!)。
  更新でも失職でも、自棄は起こすまいと制していました。
  みなさんのお蔭です。ありがとうございます。

風薫らず…

   五月が遠ざかろうとしています。

tumetogi2


  しばし更新せずにいたのは、
  (もともと、よく放置するブログだけども
  夏の行方がある程度見えてから
  日記を書きたいと考えていたから。

  夏の行方というのは、現実的に言うと;
  7~9月の派遣契約がどうなるか?って事。

   現在の契約状態は4~6月までなので、
  あと1か月は働けます。失業しません。

  でも、7月以降も派遣先で働けるかどうか。
  それは5月のうちに概ね決まるのです。
  派遣スタッフ(私)と派遣先企業、
  双方に異論(不満)が無いかどうかを確認して、
  派遣会社の営業マンが契約交渉を進めます。

  私は当然、早い段階から更新希望の意思表示をして、
  「結果が判りしだい、連絡してください」と
  営業マンにお願いしていたの。
  (2月に現在の契約〔4~6月〕が更新された時、
   “営業くん”は電話1本よこさず、ストレートに
   更新の契約書を郵送してきたからさぁ…  )

  現在の仕事は、喪いたくない。
  経済的な問題でしがみついてる、それは実は4割。
  社会で生きていくために必要としてるのが、
  就業継続を希望する理由のメインなんだよ。

  ただなぁ。能力が足りんのです。
  だから、いつ見切りをつけられても不思議じゃない。
  それだけに、3月からずっと怯えてた。
  その答えが遂に出るのが5月な訳だが、
  とうとう派遣会社から連絡は来なかった 

  まぁ、ダメならしようがないよね。
  またもや「ご縁がありませんでした」って事で。

  昨夏、路頭に迷っていた時期、
  ハローワークの相談員さんにこってり絞られた。
  安直に「派遣に頼っていた」志の低さ、
  不景気&高齢ゆえ「派遣にも見捨てられる」惨状。
  全部ホントの事だからね、言われても腹は立たない。
  むしろ、その相談員さんは私の未来を案じてくれた。
  「もう派遣はやめて、時給の低いアルバイトでも
   “直接雇用”を選び取りましょうね!」
  ―― その貴い忠告に背いて、結局また派遣社員。

  大丈夫です。心はいつも通りダークだけど(通常運行)、
  自棄はおこしていないし、大野くんとまったりしてます 

闘っている

sld36



    1日・2日は仕事に出ていました。
   通勤ラッシュはだいぶ楽な思いができたし、
   派遣の身(時給労働者)としては、
   働けるのが有り難かったです 

   ただ、派遣先で1日・2日に出社している人は少なく、
   電話の音とか話し声なども殆どなくて、
   自然と眠気を催してきて…そこだけ困りました。

   もう、ずっと何年も、データ入力か校正(編集)の
   仕事しかしていません(それしかできない)。
   「根気の要る仕事」と言えば、聞こえは好いかもしれない。
   そういう仕事は、概ね単調な作業になります。
   集中力はもちろん必要とされているものの、
   作業する側の現実は、「睡魔との闘い」。

   私は、「起きている間は常に眠い」のです。
   眠るために生きているようなものよね。
   昼食後なんて、そりゃもう…(いっそ食べなきゃイイのか)

   ここ十年では最も長く勤めた職場の事を思い出すと、
   午後の入力業務が「睡魔との闘い」だった記憶が濃い。
   ある時、同じフロアで仲の良かった女性に
   「自分が闘っているモノ」について打ち明けたら、
   (打ち明けるって事自体、非常にアホですが…)
   「それはみんな同じだよぉ~」と言われ、驚いた 
   「えぇ~っ、ウソー!あんなモノとみんな闘ってるの 

   誰もが、特にメリハリの少ない作業では睡魔と闘っている。
   その事実を受け止めながらも、心の中では
   「でも、私を襲う睡魔は他の人たちよりも凄いモノなのよ」
   と妙に自信をもってた。愚かです。

   猫は、まず、睡魔と闘うことなどしませんな。
   だからこそ、猫という存在なんだと思う。
   (野良猫たちは、少々事情が違ってくるでしょうけれど)

   晩年は病気と闘ってた、ふみ。
   腎不全だけでも、私たち人間は「目の前が真っ暗」なのに、
   ダメ押しで癌とはね…

   あぁ…今は闘うものなど無い世界に居るんだ。
   どうか思いきり、まどろんでくれ。
   

 

永遠の問いかけ

anything_else

   私より大切なモノって、何か在るの?


   『私と仕事、どっちが大事なの?』
   『私と○○(趣味とかアイドル)、愛してるのどっち?』

 ―― どの台詞も言ったことがないまま、人生暮れてゆく…
   が!言われたことなら、あります 
   あ、動物と暮らす人々なら、みんな経験者ですよね。

   ふみの場合だと、厳密には;
   『私以外に、大切なモノって何?』 でした 
   
   大野くんも、だいぶ私を困らせてくれてはいます。
   彼の“満たされなさ”は、よく解るんだけどね…
   
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ