文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

窮乏ライフ

舫い綱をほどく



    早く御報告しなければ…!
    と、毎日考えて焦ってはいたのですが、
    すっかり遅くなってしまいました。



ピカチュウ正面



    今月で、現在の職場を去る事になりました。

    退職の理由は、眼精疲労と頸椎症の悪化です。
    日常生活はともかく、
    業務への支障が日に日に増していった為、
    7月頃から、派遣契約の終了について考えていました。

    仕事の性質上、眼と首に負担がかかるのは、避けられません。
    同じ業務に就いている仲間たちも、
    程度の差はあれ、この“職業病”には悩まされています。




ピカチュウ9月末



    3年間、整形外科のリハビリ治療は続けてきたけれども、
    毎週必ず通院できた訳でもないです。
    平日は通院できない、週末は予約が取りづらい…など、
    スムーズにいかない事情が絡んではいましたが、
    自分自身に「徹底して治療する」姿勢も欠けていたと思います。

    だましだまし3年間やってきた結果、
    限界を感じました。
    頭痛や首の凝りがツライというより、
    そういう症状が原因でまともに業務を処理できなくなっている、
    そこがたまらなく厭でした。

    しばらく治療に専念し、回復したら職場に戻る
    ――派遣スタッフには“休職”という選択肢はありません。
    ある程度長期の休養を必要とするのであれば、
    派遣で働く人間は、退職していくしかないのです。
    派遣という雇用形態を選んでいた以上、やむを得ない。







タワーで寛ぐミライ





     そうはいっても、働かないで生きていく事もできない。
     働く事は、必ずしなくてはいけないのです。

     リハビリ治療をきちんと受け、
     眼と首に負担のかからない仕事をする
     ――そんな事が可能なのか?!
     全く自信はないし、むしろ見通しは非常に暗い。

     でもでも、なんとかやってゆきます。
     いつもながらの「綱渡り人生」、
     猫たちの為にも生き抜かなければ…


     誰よりも安定を望みながら、
     自ら、安定から遠ざかる選択をしてしまった
     ―― 自分の答えが正しかったとは考えていません。

     『船を出すのなら九月』
     9月になると毎年、中島みゆきの曲を思い出すんです。

戸惑うミライ



    6月27日(土)の夜から、
    わが家の空気は緊迫しております。

     捨て猫を拾ってしまったんですよ。

    あ~やっちまったあ!
    なんで拾っちゃったかなあ~?!




見返りミライ
            
                          え?なに、その猫…



    

    部屋の外から猫の鳴き声が聴こえたので、
    ふらふらと見に出てしまった。
    深く考える事もせずに。

    見に出る前に、冷静に考えてみてもよかった。


    マンションのエントランスから出て、
    建物の周りを移動していくと、
    駐車場の車の下に猫の姿を発見。
     「あ」と思ったら、猫のほうも「あ」と気づいて、
    次の瞬間には私の足元に駆け寄ってきていました。

    なんて人懐こい子猫なんだろう…
    何気なく手をのばすと、ひょいと抱っこさせてくれる。
    抱っこして…自分でも、その時の思考が理解できない、
    部屋までさっさと連れ帰ってしまった。

    玄関ドアを開けた後から、記憶がぼんやりしています。


    とりあえず、ご飯をあげたかったんだと思います。
    マンション敷地内での「餌やり」は厳重に禁じられ、
    その“制裁”を過去に受けている立場なので、
    安全圏である自分の部屋にまず移動する事、
    それしか頭になかったのかもしれません。


    ミライのこと…1分ばかり考えてなかったよ。
    一番重要な事なのに
    あ~一大事じゃんか…!



腹筋ミライ

              ゆるさ~んっ!!私の気持ち、考えてくれてなかったでしょ?!!



    ちょうど半月が経過しましたが、
    傷ついたミライの心のケアが
    十分にできていません。
    毎日詫びていました。
     「ミライが一番この部屋でエライんだよ。
         ミライのこと、大切に想ってるからね」


    新入り猫は、ものおじすることもなく、
    ガツガツご飯をたいらげ、ぐ~ぐ~寝ています。


    身ぎれいなので、「迷い猫なのではないか?」と考え、
    動物愛護センター・保健所などに照会もしてみました。
    該当する届け出は無し。
    地元の猫ネットワークにも情報は入っておらず、
    どうやら、捨てられた可能性が大きいです。

    生後半年の女の子(ミライが怒るよぉ~)。
    噛み癖があるから、捨てられちゃったのかな?
    大野くんに少し似た風貌のキジトラです。
     あんまり…可愛くはない…

    ダメもとで、里親募集をしています。




バックシャンなミライ

                      あ~ぁ…平和な日々は遠いなあ




    ミライの夜鳴きがひどくなってしまい
    睡眠不足でヘロヘロ(昨年も一昨年もそうだった…)。
    自業自得を呪いながら、職場と家を往復する日々です。


    取り急ぎのご報告でした。
    テンション  ですみません。
    
   

人生の空き地



世の中金よ


             「世の中、金よ」と仰る文世さま




    毎日同じ電車に乗り、同じ電車で帰って来る。
    その繰り返しができている日常は、幸せです。

    たとえ、通う職場で毎日何を感じようと。




半にらみのふみ


             グジグジ文句言ってないで。怒るより動きなさいよ、まず



    初めて「完全失業」を体験した2004年。
    部屋には、15歳のふみが居ました。
    迷走し、慌てて飛びついた仕事で失意を味わう。
    失業と失意。どちらが酷か。この二つはセットなのか。

    醜く足掻く私に、涼しい顔で「私のそばに居ればいいじゃない」、
    そう云ってくれるふみが居ました。



2011年2月大野くん




    失業し、さらに窮まってしまった2011年。
    大野くんには助けてもらった筈…なのに、
    私は彼を幸せにする事ができませんでした。

    一番ツライ時期を共に過ごしてくれた大野くんが居ない。


    求人情報を掲載したフリーペーパー。
    夕刻の電車の中で、人がそれを手にしているのを見ると、
    何故か今でも焦ってしまいます。
    お経を唱えるように、ブツブツ言いながら、
    血眼になって求人広告を指でなぞっていった。
    あの日々がよみがえるのでした。
    

    近所のスーパーに行くと、入り口の所に
    フリーペーパー専用のラックが置いてあるんです。
    やっと、最近ですね、
    そこに目が行かなくなったのは。

    ぼんやり手に取りそうになっては、ハッとする。
    「あ。いいんだよ、まだ。必要じゃないから」
    と、自分に言い聞かせていたのは、ついこの間。





文句たっぷりミライ






     ふみの生まれ変わりのようなミライ。
     粘着質だけれど、まだ若いせいか、
     私を送り出すことに抵抗はないようです。
     「行ってらっしゃい。稼いでくるんだぞ…!!


     今は、失業するのが心から怖くって、
     機械よりも“無”の状態で、通勤電車に乗っています。

     ミライと黒絵と大野くんのため。
     それだけじゃない。
     やっぱり、自分自身のため。



楽 園


2013年お初です




    旧年中お世話になった御礼も申し上げず、
    新年のご挨拶もしないまま、大変失礼致しました。

    せめて23日(ふみの日)には、
    2月22日か2月23日には必ず…!と念じながら、
    とうとう三月を迎えてしまいました。
    四度目の命日がすぐそこまで来ています。



    頸椎症や過呼吸の発作などは、
    お蔭さまでだいぶ治まりまして、
    根気強くリハビリを継続してゆけば、
    悪化することはなさそうです。

    ブログ(PC画面そのもの)に向かわなかった原因は、
    体調よりも気持ちのほうに問題があったと思います。
    
    
    心身の留め金が外れそうだけど、ひとまず通勤。
    毎日ほんとに、同じ時間に同じ事を繰り返して、
    日々をただ流しています。駅前で1日分の買い物をして、
    帰宅する時にはもう、ガラクタを繋いでるボルトが墜ちる…

    玄関のドアに鍵をさす前に、ふーっとひと息吐いて、
    「よし…もういっちょ…!」と自分に気合を入れます。
    それから勢いよくドアを開け、
    『ただいまっ ! キミたち !! 』

    一年半前から倉庫代わりの部屋に棲みつき、
    昨秋あたりから居間で一緒に過ごす時間が増えた、
    黒絵ちゃん(耳にパンチの痕がある、手術済みの♂)。
    大野くんにとって、お兄ちゃんのような存在ならイイけれど、
    そこは人間と同様、難しい関係で、
    大野くんの心にはまだまだ葛藤があるようです。

    ただ、自分の居場所を確保したい黒絵ちゃんも、
    彼なりに抑えているのだ…
    (まだ、野良2割:飼い猫8割ってところ)。

    外の世界に楽園はそんなにないけれど、
    ここがキミたちの楽園であってくれれば、嬉しいな。
    もちろん、私にとってもキミたちと居る此処は、
    楽園なんだよ。
    


        

春の音がします

RIMG0263

   2月最後の日。
   関東でも大雪になりました。

   現在の派遣先である都内のオフィスから、
   ほぼ横方向に降る雪をときおり眺めては、
   「すげぇ~」と呟いておりました。
   通勤や外出では「難儀度満点」の雪降りも、
   室内から眺めているぶんには“絶景”です。
   (雪の重みが家屋を圧迫する地域の方に対しては、
   不謹慎で申し訳ありません…)

    ちょうど3年前。
   ふみと最後に見た雪景色に、似ていました。

   
   『春は光から』―― というフレーズを、
   テレビのお天気ニュースで耳にする機会が多い。
   自分の場合は…
   “音から”あるいは“匂いから”なんだよなぁ。
   つまり、春を感じるタイミングが遅いのか??

   自宅のほぼ上空あたりが、
   自衛隊ヘリの演習コース(?)になっていて、
   季節ごとに響いてくる音(エンジンとかプロペラ)が
   違うんだよね。
   媒介である空気の違いが出てるのか?
   と、勝手に解釈してるんだけど、
   先月末から既に、“春音”を響かせて
   ヘリは空を通過しているのだった。

   春は、必ず来るもんなんだなぁ…


追記:春と音と昔って、字面が似てる。

   

   

負荷不可

RIMG0237

  外面と体型はふてぶてしいんですが、
  プレッシャーにとても弱いです 

  1月は、師走以上の速度で過ぎ去りました。
  それほど怠惰にならず、努力したほうだと思います
  (やっと人並み程度かな)。

  ただ、なさけないことに、
  社会に生きる人間としてノーマルな活動をする事は、
  私の精神に多大な負荷を与えるようです。

  先月はめずらしく、胃の調子が悪かった。
  痛み・もたれ・不快感が自覚症状。
  食欲は衰えないので(こういうところが自分で厭)、
  食べる⇒食後つらい⇒生活に支障、の繰り返し。

  病院には行ってないです。
  過去にも同様の症状が出ていた時期があって、
  診察・検査を受けても何ら異常はなかった。
  「ストレスでしょう」と軽く流される結果が見えて、
  今回は外来を訪ねる気がさらさらナシ。

  いやぁ…ほんと、ダメ人間ですわ。
  現状と将来を覆いつくす不安に、無為無策。
  それでいて、重圧はきっちり受け止めていて、
  心身にダメージが出るのよね…


   3年前、年明けから初夏あたりまで、
  もっと胃の具合が悪かった。
  圧迫感や吐き気が頻繁にあって、
  仕事中、派遣先のトイレで何度か吐いた
  (お食事前後だったらゴメンナサイ)。

  原因はハッキリしている。
  ふみの体重が、1月は2キロ台前半、
  2月は2キロをぎりぎり守れるか、
  そんな切迫した日々が続いていた。
  一日一日が重苦しく、長い。

  でも、それが永遠に続いてもよかったよ。
  ふみが生きていてくれるなら。
  永遠に続くのは、ふみには酷すぎるから、
  終わりが訪れたんだけどね…

  ふみが逝った後、「弔い酒」と勝手に称して、
  増やしたアルコール摂取量が原因か、
  更に2か月、胃の不調は続いた 

  3回忌を前に、胃もたれさえ愛おしく、
  彼女を想う厳冬です 

       追記:「負荷不可」も
           ひらがな表記なら安らぐね 

Golden Slumbers

  起きてる時は常に眠いの。
  ずっとずっと眠っていられるのが幸せ 
  でも、そんな自分には、
  “黄金のまどろみ”は永遠に訪れないのかもしれない。
  なんとなく、一所懸命に生きる者のまぶたにこそ、
  与えられる褒美のような気がしてさ…

  『Golden Slumbers』という曲のタイトルと詞を知った時、
  真っ先に頭に浮かんだ言葉が「黄昏」だった。
  “黄金の微睡(まどろみ)”から連想したら、
  そこは、日没を迎える前のひと時、空間だったんだよね。

  ふみが子猫だった頃、
  バイト先で仕事中にふと、
  「たそがれ…」と口に出して呟いてた。
  確かに夕刻だったんだ。
  でもね、自分自身の人生も日没直前なら…
  そんな願望も込めて発した言葉のように思う。

  ヘンリー・フォンダとキャサリン・ヘップバーンの
  有名な映画、『黄昏』が評判になっていたし、
  浜田省吾も「好きな色は黄昏から夜に移ろっていく時の空」
  とか言っていた。

  思えば、暁や黄昏って贅沢な時間であり、
  一日の中で何かが凝縮した色をしてるなぁ…

  何匹もの猫が、私の腕の中で息を引き取った。
  多かれ少なかれ苦しみながら、
  みんな永遠の眠りについていった。
  最後に抱いたのは文世な訳だけども…
  一瞬でも、“黄金の微睡”は訪れたのかしら。
  そう信じる事ができれば、少しは救われる。
  みんな、必死に生き抜いたんだからさぁ…
  

生命力を讃えたいんだよな…

   腹いっぱい食ってもらいたいんだ。
  犬猫がひもじい思いをしている状態は、
  こちらもツライ。

  世の中の人すべての、飢えや不安を解決できないのだから、
  動物に対しては尚の事、手を差し伸べる力が余っていない。

  彷徨っている痩せっぽちの犬や猫を見つけると、
  うちら姉弟は躊躇なく家に連れ帰ったんだよな。
  親が諸手を挙げて歓迎してくれた筈はないのに、
  子供時代の脳は実に都合よく機能しているのか、
  親の悲鳴やら愚痴を憶えてないの。

   近所から苦情が出て、小中学時代は
  何度か引っ越しをしている。
  ここ20年ばかりで宅地開発がとてつもなく進んだけれど、
  自分が十代の頃、周りは田んぼと畑ばかりだった。
  今よりは動物たちに生きやすい環境だったとは思う。
  でも、そんな昔からだって、
  隣近所に動物が居る事を嫌がる人は少なくなかったよ。
  不衛生であること、鳴き声、猫がよその敷地に立ち入ること…

  無理もない。
  地域の人々の暮しを脅かす要因になってるんだもんね。
  特に、農業を営む人には迷惑だった筈だ。
  だから、さっさと引っ越した(MAXで犬猫20匹と共に)。
  子供が知らなかっただけで、親はトラブルに直面してた。
  つまり、そういう事だよね。

  今回、自分が警告と監視を受ける立場になって、
  (ここらへんは、ぼやかして書いておこう) 
  世の中には動物嫌いの人が大勢存在する事を知った。
  ついつい自分を基準にしつつも、これまで、
  世の動物嫌いにも注意を、いや関心を向けるようにしていた。
  所詮、“つもり”だったって事なんだがな。

  ネットで調べるとさぁ…「ねこ除けグッズ」のサイトが
  大々的に多数運営されてるじゃないか。
  ネットの掲示板をつい読んじゃったら
  (もう読まねぇ…)、猫ギライ専門掲示板もあった。
  はっきり言って、犬のような規制を受けていない猫は、
  害獣 なんだそうだ。

  嫌いなものを無理に我慢しろとは言えない。
  自分だって、そんな生活を強いられたらたまらない。

   猛暑を生き抜いてきた仔たちに、
  腹いっぱい食ってもらいたい、それが最大の望みだ。
  魔法を使いたい 

stay gold

   『あそこに行けば、とりあえずメシが食えるよ』

  もし、野良ネコたちの間でこんな情報が
  共有されていたとしたら、その修正がまた、
  軒下を空地をめぐっていったかもしれない。

   『もう、あそこに行ってもムダ足だよ…』

  ふみが生きている頃、訪ねてくるのは
  もっぱら♀猫・母娘たちだった。
  今ふり返ってみると、あの5~6年は
  けっこう平和な時期だったんだな。
  ふみは嫉妬して、ご近所も眉をひそめていたろうけど。

  ふみの死後、常連の顔ぶれは一変した。
  ♂猫ばかりになったんだよね。
  テリトリーの意識がとても強いんだろう、
  2匹鉢合わせしたなら、威嚇の応酬でそりゃ
  うるさい事態になった 

  今年になって気づいたのが(遅すぎるかもしんない)、
  彼らのうち少なくとも3匹は、片耳にパンチが入ってる事。
  これは「手術済み」という印なんでしょう?
  地域の誰かが動物病院に、一度は連れて行ってる。
  野良たちに「生きてほしい」と、この町で誰かが
  願ってくれた事の証拠なんだ…

  彼らは、いろんな場所でいろんな名前で
  呼ばれてると思う。大野くんも一昨年はそうだった筈。
   真っ黒な若猫を、私は勝手に黒絵と名づけた。
  自己主張が強くて、鳴き声が大きいのが難点。
  でも、その気持ちの顕れた瞳に、つい見とれる。
  ふみがエメラルドなら、黒絵はゴールドだ。

  生きてほしい… stay gold 
  

生きてます。生きてました

fumi-newyear

   ご無沙汰しています。半年ぶりです。

   季節がふたつ分、過ぎ去ってしまいましたね。

   最後に日記を書いたのが、東日本大震災の当日でした。
   記事をアップした12時間後に、あの地震が起こったのです。
   昨日ブログを読み返していて、その事実に気づきました。
   そう。ホントに、まるまる半年間、
   このブログにアクセスすらしていませんでした。

   皆さま、ご無事でしたか…?

   私が住んでいるのは、被災地を含む関東の県ですけれど、
   自分の部屋や近隣での被害は少なかったです。
   (柱がズレたり、壁面の歪みとかはある)
   確かに、4月まではブログ更新できる状態ではなかった。
   日々が“非日常”になっていたし、
   文字を書く精神的余裕も喪ってた。
   携帯メールのやりとりですら、億劫になってた。

   生きてたら22歳、の文世バースデーが過ぎ、
   短い初夏が行き、被災地の方々には申し訳ない
   日常が(そういう安穏とした姿勢に異論はあるものの)
   戻ってきた頃。なんだかもう、多くの事に対して
   意欲が湧かなくなっている自分が、
   惨めに生き残っていたんですよ。

   大きな揺れを短期間集中的に経験した大野くんは、
   梅雨が明ける時分まで、部屋では私のそばから
   離れようとしませんでした。ピッタリくっついて。

    今は、すっかり「粗暴な王様」に戻っています。

   金曜の夜、外に出たらあまりに明るい月が
   頭上に在って、見とれてしまった… 

   まだ判然としない。継続の力が出るだろか?
   自信はないけど、再始動できますように。

    ひとまず今日は、ご挨拶だけで… 
   
プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ