文世さんに逢いたい

「婆猫ふみちゃんのスローライフ」を綴りたくて、 2004年から始めたブログですが、
ふみは2009年3月に19歳10か月で逝きました。

黒絵

時の経過に委ねる…



    イオの保護から5週間が経ち、
    当初の不安だらけ(私もミライも)だった状況も、
    少しは変化してきました。
    やや、好ましいほうに。



内田篤人と2匹

                ミライは、内田篤人選手のカレンダーを見つめている…



    でも、それでも、ミライの心が傷ついている事には変わりがない。
    だって、ミライは、婆猫ふみちゃんと同じ魂を持っているんだもの。

    ―― 愛されるのは、私だけ。
    ―― 私より大切なものって、何?


    お世話になっている“猫の達人”さんの紹介を受け、
    思いきって、イオを『譲渡会』に参加させました。
    8月9日、日曜日でした。

    結果は、「お申込みゼロ」。


    例年、お盆休みに当たるこの時季は、
    譲渡会を開いても、来場者が少なく、
    成約率も低いのだそうです。
    タイミングが悪かったかな…

    この結果を運命と捉えて、
    イオを「うちのコ」とするべきなんだろうか?






寝姿は可愛いが。





    ミライと打ち明け話を毎日試みています。
    「決して、イイ気分じゃない」んですって。
    そうだよねぇ。
    ミライの気持ち、解るよ、とっても!


    黒絵は、「小さき者に優しい」性格なのか、
    イオを時々なめてあげています。
    ミライに対するグルーミングは習慣になっているし、
    大野くんにも、基本的に黒絵は優しかった。


    ミライには、他の猫をグルーミングする習慣が、まだない。
    いつか身につけるんだろうか。
    もう少し、大人になったら…






あ~あ、ため息




    ミライ、貴女の気持ちを大切にしたい…



お嬢さまの憂鬱



     捨て猫を拾ってから、3週間が経ちました。


    「どうして拾っちゃったんだろう」
    「大切なミライの事を不幸にしている」


    寝ても覚めても“後悔”の日々で、
    拾われた猫以外は、誰も幸せじゃない、
    そんな風に内心荒れていました。

    これじゃ、救われませんよね。
    新入り猫に対しても失礼だし。


    受け入れねばならない現実は厳しいけど、
    少しずつ、気持ちが落ち着いてきました。
    というより、状況に馴れ、
    諦めがついてきたのかもしれません。




イオ

                 大野くんの顔立ちを少々きつくした感じ




    声に出してあまり呼んでないけれど、
    新入り猫には、早い段階で名前を付けています。

    イオ
    木星の第一衛星と、体の色が似てるんです。
    (ドラクエの呪文でもありますね)

    う~ん。大野くんに似た雰囲気ではあるが、
    「可愛い♪」タイプではないです。
    ミライが可愛すぎる(親バカ)せいだろうか。

    
    とても攻撃的です。
    初日から、ミライにネコパンチを食らわしていました。
    今でもミライが視界に入ると、
    みるみる形相がきつくなってゆきます 



   

リラックスしすぎ

                    キジトラの特性か、活発で身体能力高し 




 
    ミライのほうが下手に出ているんですよ。
    イオの様子を窺いながら。

    それでイオの奴め、増長しちゃってるのか?
    ミライに対して、すごく強気で容赦ないんだ。


    経験豊富な「猫の達人」たちから頂いたアドバイスによれば;
    新入りを家に迎え入れる時は、
    まずしばらくケージに入れておくらしいですね。
    ケージ越しに接する事で、少しずつ
    新入りも先住猫も互いに馴れてゆく。

    ――このような段階をまるで経ることなしに、
    いきなり合流させてしまったのが、まずかったか…
    悔いてももう遅すぎる気がします。

    
    言い訳すると、子供時代はもっと荒っぽかったから。
    人間も猫も繊細な環境にいなかったんだよ…






お嬢さまvs叩き上げ

              ごく稀に、こんな風に接近している時もあるけど…





     2週間経った時は、
     「まだ2週間だから、しようがない。
     今後のなりゆきに期待しよう」と自分に言い聞かせました。

    3週間経った今、楽観できる余地がなくなってきています。
    「もしかしたら、このままダメなのか?」
    
    
      拾った人間として、無責任な事はもちろんできません。
    ダメでもともと…里親募集を継続して行っていくつもりです。


    悲観的で愚痴だらけの日記が続き…
    あ。いつもの事かな、これって? 


完全制圧せよ!



仲良さそうに見える



    ミライと黒絵
    とっても、仲が好さそうです。
    黒絵の首に回された、ミライの前脚。
    愛情表現のしぐさのわりには、力が入ってる?




攻撃開始




    この展開。黒絵には、意外でもなんでもないようです。
    私も、毎日のように見ています。
    ここから、ミライはバトルに入っていきます。
    じゃれ合って楽しむなんて、ミライの頭にはないみたい。

    総毛立って、背中を隆起させるミライ。
    尻尾もキツネのようにふさふさ太くなっています。
    一方、黒絵は、ほんの少し耳を後ろに倒すぐらい。

    一年前は、「本気」のミライに戸惑う表情でしたが、
    やや“家猫”らしくなってきたからか、
    最近では、ミライを相手にする態勢に変化してきました。

    それでも、ミライに比べたら、
    黒絵の「本気」は1割もない。
    未だに、黒絵の尻尾がふくらんだところは見たことないし。

    つまり、黒絵はしようがなくって、
    ミライの相手になり、「ケンカごっこ」につき合っている。
    その事実に、全く気づくことのないミライ。

    ものすごく手加減してくれている黒絵を相手に、
    「もう少しだ!」「もうすぐで倒せるぞっ!」と、
    毎回猛烈に勘違いしているミライです。





家族17日目のミライ



    そういえば、大野くんはもっとやられてた。
    一方的に、ミライに攻撃されっぱなしでしたね。
    やさしいチビ兄ちゃん。

    可愛い妹を相手に、おふざけでも
    プロレスごっこはできなかったみたい。

    いつだって「負ける気がしない」ミライ。
    今日も完全制圧に向かって、
    黒絵を挑発しています。

    頼むから、眠ってる私の布団の上で、
    完全制圧を目指すのはやめてほしい…









旧い日記

10年後のふみとキツネ



     16歳の時からぽつりぽつりと書いていた日記。

     日記と呼べるペースで向かってはいなかったので、
     数え直してみても、たぶん十数冊にしかならないと思います。

     それでも、思いついた時にノートを開いて、
     1994年までは続いていた手書き日記です。


     その後、生活環境が激しく変化したせいか、
     日記を書く余裕がまるでなくなりました。


     


震災から一年




     2004年春。ちょうど10年前。

     シンプルなノートパソコンでうつうつ用を済まし、
     インターネットというものとほぼ無縁だった自分も、
     ついに思いきって環境を整えました(ローンは苦しかった…)。


     振り返ってみると、意外にネットサーフィンはしませんでした。
     当時、プロバイダーが会員用に設置していたコミュニティで、
     まず日記を書くことから始めていました。
     きっと、とにかく何か書いていたかったんでしょうね。



   

大野くんの母性





     数年前、そのコミュニティのサービス提供が終了する際、
     Cafe友さん(OCN cafe という場でした)の奨めもあって、
     ログの保存⇒プロバイダーブログへの移行という手続きを、
     取り急ぎ済ませました。


     2005年秋から、現在のこちらのブログのほうがメインになってしまい、
     Cafe日記のほうは、ほとんど書かなくなっていました。
     それでも、ログの保存後、確認してみたら、
     1年半の間に、約150記事くらいは書いていたようです。


     週末に、昔のCafe日記の一部を読み返してみました。
     ふみが逝った後、形ばかりの更新しかしていなかったので、
     自分の過去日記を読むのは、数年ぶりです。


     「意外と明るく、前向きに取り組んでる日記だったなあ」
     ―― というのが、自分自身の感想です。


     意識して、荒れた中身にしないようにしてたのかな…
     高齢のふみと暮らしながら、まだあの頃、
     『絶望』の二文字はくっきり顕れていなかったのかもしれない。




2014年4月12日15時






     日記の冒頭、つまり最後に書いた記事が、
     『大野くん』の紹介で、沈痛な気持ちにもなるけれど、
     あらためて、ミライ・黒絵と、
     大野くんの帰宅を待とうと思いました。


     婆猫ふみちゃんのスローライフ 


    
今は、スローライフとは程遠く、
     毎日ヘロヘロになって、テンパってますが…


プロフィール

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

QRコード
QRコード

  • ライブドアブログ